文 : 渡辺

  簡単なようで、なかなか難しいアクセサリーの収納。みなさんはどうされていますか?

収納BOXや器を揃えたり、間仕切りしたりと色々面倒です。

 そんな時は、あえてディスプレイとして見せてしまう方法はいかがですか。ご自身の感性で、お部屋を自分好みにインテリアとして飾れば、楽しく気分も上がります。

  今回は、誰でも持っている物や簡単なDIYを利用して、イメージが膨らむディスプレイのアイデアをご紹介します。

 目次

1. アクセサリーに合わせて器をコーディネート。

2.  額縁を利用してギャラリーのようなウォールディスプレイ。

2-1 ガーリーなアクセサリーはクラシカルな額縁が素敵です。

2-2 ゴージャスなアクセサリーは、黒のパネルでコントラストを強調。

2-3 色々なテイストが多い場合はアイテム別にまとめて見やすくディスプレイ。

3.  楽しくクラフト作業で簡単ディスプレイ。

4. 上級者向け壁を利用して洋服屋さん風アトリエ感覚。

5. ウォールステッカーってとても便利。

6. 終わりに。

 

1.アクセサリーに合わせて器をコーディネート。

 コーディネートのアクセサリーは、カワイイものが沢山。とくにピアスはテンションが上がってつい購入してしまいます。

気がついたら数が増えているってことありませんか? 

 

置き場所、困りますね。

 

 そんな時は、平皿などお気に入りの器の上にアクセサリーを平置きにすると、見た目もカワイイ感じにおしゃれに見せることができます。

 

2. 額縁を利用したギャラリーのようなウォールディスプレイ。

  雑貨屋さんやインテリアショップに行くと、カワイイ額縁がたくさんあります。

そんな額縁を利用してネックレス、ブレスレットなどを飾ってみてはいかがですか。

 

 大きさ、カラーやテイストも様々です。ご自身の持っているアクセサリーに合わせて選んでみましょう。

 色々なサイズを合わせるとまるで小さなギャラリーのようなおしゃれな空間....。

 

2-1 ガーリーでニュアンスカラーのアクセサリーはクラシカルな額縁が素敵。

 フックを利用して、ネックレスやブレスレットを、カラーに合わせて配置を考えてみましょう。

 

 ホワイトまたはナチュラルカラーの額縁に、土台は生成りのキャンバス生地や麻の生地を挟んで、シルクピンや小さなフックをつけ、ネックレスやブレスレットを飾ります。

 その時のバランスは、色々な長さを組み合わせるとメリハリがついて素敵です。

2-2 ゴージャスなアクセサリーは、黒のパネルでコントラストを強調。

 壁に幾つかの大きさのバランスを見ながら展示するように飾ったり、廊下や階段の壁を利用して見たりと色々活用してみてはいかがですか。

 

 あえて、縁のない黒パネルを使用することでアクセサリーがよりいっそう映えます。

 お家に帰ったときにワクワクしながら空間を楽しめます。

 または、アクセサリーの周りにイラストで額縁を描いたりするとオリジナル感のある飾りつけができます。

2-3 額縁にアイテム別にまとめて見やすいディスプレイ。

  シンプルで大きさの違う額縁に、それぞれのアイテムごとにまとめて飾ると見やすくわかりやすくコーディネートの時便利です。

 しかもインテリアとしても違和感なく溶け込みます。

 

3.楽しくクラフト作業で簡単ディスプレイ。

   とても簡単、クラフト作業でオリジナルなディスプレイツリーを作成してはいかがですか。

 

ホームセンターや100円ショップなどで販売している木工や厚紙を利用してイヤリングやピアスなどを飾れるツリーを作ってみましょう。ツリーや、形他にもハート型など色々な形に下書きを描き、それをカットしていくだけなので簡単で作れるのが利点。一人で難しいときは友人と共同作業をしてみてはいかがですか。

 

 出来上がった形に、アクセサリーを飾れるように穴を開け、ピアスやイヤリングを飾ってインテリア雑貨の出来上がりです。

 

 DIYしながらの作業は楽しい。しかも好きなアクセサリーを飾って簡単にできるなんて......。創作意欲が増してまた作りたくなってきませんか。

 本棚や洋服棚、玄関に飾って見たりと色々活用してみてください。

4.上級者向け壁を利用して、洋服屋さん風アトリエ感覚。

 アクセサリーとコーディネートした洋服を壁に飾るのも素敵です。

 

 色々なコーディネートをハンガーや板のトルソー型に洋服を着せてネックレスを重ねて飾ったり、大振りのネックレスを幾つも重ねたり......。

 特に大振りのネックレスは場所を取ってしまい、収納するだけで大変です。

そんなときは壁にディスプレイとして活用してしまえばそんなお悩みもなくなります。

 

 または、シンプルなTシャツやワンピースに、大振りや通常サイズのネックレスを幾つも組み合わせると、アクセントになりおしゃれ感がグッと増します。

 

 お洋服屋さんのアトリエに飾ってあるような感じに......。

 

 壁用のスライダーにフックをつけて、ハンガーや板のトルソーにコーディネートをするだけで立体的でおしゃれになります。

(ない時はシールになったフックで代用も可能です)

 トータルコーディネートをしておくとそのままお着用して外出ができ、また飾ったままでも十分インテリアとして映えます。

 

 

 5. ウォールステッカーってとても便利。

 今までご紹介したものはDIYであったり、ひと手間加えて作成したりと、中々自分でするのは大変という方。

 また、お家の中に使えそうなものがないというときは、ウォールステッカーとフックを組み合わせて貼り付けるのはどうでしょう。

 

 ツリーだったりお花だったりと様々な柄が販売されています。お好きな絵柄を選んで壁にシールを貼るだけ。

 それにフックをつけ足してアクセサリーを飾るだけでおしゃれなディスプレイに様変わりします。素敵なウォールアートの出来上がりです。

 ご自身のお部屋がショップやアトリエのように大変身できてしまうなんてちょっとワクワクしませんか。 

  6.終わりに。

  今回、飾ることをメインにアクセサリーの見やすくわかりやすい方法をご紹介しました。

 特にお家にあるものや簡単なDIYを利用すると様々な方法があり、ご自身のお部屋に合わせて色々トライしてみてください。