シルクマスクのお手入れ方法

こんにちはミシン担当の野村です。

トリプル・オゥでは、お客様のお手元に迎えられたアクセサリーを、長く使ってほしいとの思いから、定期的にお手入れ方法をご紹介しております。(以前紹介したネックレスの洗い方は>>こちら

今回はトリプル・オゥのスタッフで、洗う研究室を担当している飯野さんに、シルク フェイスマスクの洗い方を聞きました。

シルク素材のマスクって扱いが難しそう…どうやって洗えば良いの?などの疑問にお答えします!

他のマスクでも応用出来る方法なので、ぜひ洗い方の参考にしてみてください。

目次

シルクマスクを洗うときに気を付ける事

Photo by Matthew Tkocz on Unsplash

まず手を洗う

意外と忘れがちですが、マスクを洗う前には手をよく洗いましょう!

手についているウイルスがマスクにもうつらないように注意が必要です。

もみ洗いをしない

シルクはデリケートな素材なので、ゴシゴシこすったり強い摩擦で生地を傷めてしまう可能性があります。優しく押し洗いするのがおすすめです。

汚れを放置しない

お洋服もそうですが、身に着けたり汚れがついたら、必ずその日の内に洗濯するようにしましょう。

面倒だと感じる方は、帰宅したとき手を洗うついでに、ぱぱっとマスクも洗ってしまうと楽ちんです。

とっても簡単!シルクフェイスマスクのお手入れ方法

それでは前記の点に気を付けてマスクを洗っていきましょう!

準備するもの

まずご準備いただきたいのは、ご家庭にもある下記の3つ道具。

①中性洗剤

②ボウル

③タオル

①の中性洗剤ですが、ドラッグストアなどで販売されている、おしゃれ着洗い用の洗剤であれば大丈夫です。(アクロンやエマールなど)

②ボウルもご家庭であるもので大丈夫です。両手が使える20cmから30cmぐらいのサイズ感が洗濯しやすいかと思います。

③タオルは吸水性の良いものが望ましいです。サイズはフェイスタオルほどであれば十分です。

 優しく押し洗いをする

では早速洗っていきましょう。まず用意したボウルにぬるま湯を入れます。

ぬるま湯の温度は30℃くらい、入れる量はボウルの半分ぐらいを目安にしてください。

お湯を入れたボウルに中性洗剤を溶かします。

量はお使いの洗剤の使用量を目安にしてください。

次に洗剤の溶けたボウルにマスクを浸し、10分程度つけ置きます。

しっかりと洗剤が馴染んだら、優しく押し洗いしましょう。

強く擦ったり、ごしごしもみ洗いすると、繊維を痛め毛羽立ちの恐れがありますのでお気をつけください。

しっかりすすぐ

洗いが終わったら洗剤の入った水は捨ててください。

ボウルにきれいな水、またはぬるま湯を張り、洗剤が残らないようにしっかりとすすぎます。

濡れた状態で摩擦を与えると毛羽立ちやすくなるので、マスクは水の中で泳がすように洗剤を落とします。肌に密着するので、水を変え念入りにすすぎをしてください。

形を整えて干す

しっかりとすすぎが出来たら、次は乾燥です。

マスクはねじって絞らずに、軽く水をきってからタオルに挟んで水気をとります。

形を整えて風通しの良い場所で干しましょう。

ワンポイントアドバイス

マスクを干すときは洗濯バサミで挟んでしまうと乾いたとき跡がつきやすいので、平干しか、目立ちにくい紐の付け根部分を挟んで干すのがおすすめです。

マスクにシワがついてしまった際は、低温のアイロンを軽くかけるときれいになります。この時アイロンをマスクに強く押し当ててしまうと、生地を傷める恐れがあるので注意です。

Q&Aシルクフェイスマスクのお手入れ方法の疑問にお答えします!

Q.洗濯機で洗っても大丈夫?

A.きれいな状態を長く使いたいという方には手洗いが一番!でも忙しくてそんな時間がないという時は、洗濯機でも洗うことが出来ます。

その際は、毛羽立ちをおさえる為に目の細かい洗濯ネットに入れてください。

ちなみに、最近ではマスク専用の洗濯ネットも販売しているようです。使い捨て以外は必ずマスクの洗濯をするので、一つあっても良いかもしれませんね。

洗濯機の設定は時短・スピードコース(またはおしゃれ着コース)での洗濯をおすすめします。

Q.メイク汚れがついてしまったら

A.固形石鹸で押し洗いするのがおすすめです。

シルクフェイスマスクのリリース前に、スタッフ間で着用試験をして、その後各々洗濯をしてみました。

その結果メイク汚れに一番効果があったのは、布巾用の固形石鹸で洗ったときでした。

布巾用石鹸は不純物が使われておらず、口に当たっても安心。スーパーなどで簡単に手に入れることが出来ます。(もちろん一般的な手指用固形石鹸でも大丈夫です)

汚れがしつこいときは、石鹸を汚れ部分にこすりつけて重点的につまみ洗いし、しっかりとすすいで下さい。

口紅やファンデーションは落ちにくいのでインナーマスクを挟むのも方法の一つです。

Q.色落ちや色移りが心配…

A.マスクに使用しているシルク糸は、堅牢度の高いものを使っております。しかしシルクは天然繊維なので色落ちの可能性は0とは言い切れません。目に見えて色落ちすることはありませんがお洋服と同じように使い続けるうちに色味が変化することも…特に濃色は色が落ちやすい傾向にあるので漂白剤や白物との洗濯にはご注意下さい。

Q.縮んだり型崩れしたりしない?

A.お洋服と同じように使い続ける中で変化が起きる可能性はあります。しかし、不織布に刺繍で縫われており製造過程で一度お湯にも通しているため、ニットのように急激に縮むことはありません。優しく洗って頂くことで型崩れや風合いの変化を抑えることが出来ます。

終わりに

使い捨てのマスクも便利ですが、急激に増えたマスクのゴミで、新たな環境問題も出てきているようです。洗って何度でも使えるマスクなら、自分らしいデザインを選べて環境負荷も少ない。トリプル・オゥのマスクはそんな生活を後押しします。

いつでも清潔なマスクで毎日を気持ちよく過ごしましょう♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてねくださいね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次