この度はトリプル・オゥをお手に取って頂きありがとうございます。

このページでは私たちのものづくりの想いをお伝えさせていただきます。

最後までご覧いただけますと幸いです。

トリプル・オゥとは

創業145年の老舗企業が2010年からに立ち上げた、刺繍アクセサリーブランド。

145年の歴史をゼロにリセットして、新しくものづくりを始める。そんな想いを込めてトリプル・オゥと名づけました。

発想と素材と技術、この3つをかけ合わせて、刺繡の無限大の可能性を引き出し、お客様へ感動をお届けするのが私たちののビジョンでありミッションです。

ものづくりの哲学

スクロールできます

発想

idea

「できない、だけど作りたい」という想いを大切にしています。

そこから生まれた発想を形にするために、技術や素材を生み出し、デザインに詰め込みます。

素材

material

どんな物であっても、最終的には素材しか残らない

シンプルなデザインは、素材の良さを生かすことが重要になります。

産地の職人たちと一緒になり、心から納得できる素材を作り出します。

技術

technique

創業時から変わらない、手仕事と機械、2つの技術の組み合わせを大事にしています。

無数の条件の中から、最適な方法を見出す、熟練の技術。

ひとつひとつの工程が、胸を張れる私たちの「技術」です

1300年の産地の伝統を受け継ぐ

私たちがものづくりをしている群馬県の「桐生産地」。

織物の町として1300年の歴史があります。

私たちがつくる糸のアクセサリーもそんな織物の町だからこそできたもの。

ですが、昨今では後継者不足などで、産地の存続が危ぶまれています。

地域の伝統を守る為に、私たちは職人たちの力を借りながら、新しいものを作り続けていきます。

そんな想いに共感いただけるお客さまに、新たな糸の価値、選択肢を提供したいと考えています。

産地の職人と共に創る

スクロールできます

今までの概念を覆す「立体刺繍」

世界的にも類をみない刺繡技法で作られたトリプル・オゥのアクセサリー。

私たちが作る「糸のアクセサリー」は、たった1本の糸から、何人もの職人の手を通って生まれます。

デザインや素材を決めてから、実際にお客様のもとへ届くまでアクセサリーが辿る道はとても長く驚きに満ちています。

アクセサリーができるまで

スクロールできます

アイデアから設計図へ

パソコンで、ミシンの動きをプログラム。

ミシンや素材の特徴に合わせて、少しずつ調整していく細かい作業です。

「立体刺繍」の秘密

水に溶ける特殊な布に刺繍しています。

刺繍し終えたものを溶かすことにより、糸のみの立体アクセサリーができあがります

洗い方の「レシピ」

「洗い」の工程は、ひとつひとつ、スタッフが手洗い。

経験から培ってきた「レシピ」と呼ばれる社外秘のルールに基づいて、適切な洗い方で仕上げていきます。

繊細さを左右する仕上げ

どこから見ても美しいアクセサリーにするため、ひとつづつ丁寧に職人が作業をする工程。

細かい作業ですが、この最後の仕上げがトリプル・オゥのアクセサリーの繊細さにつながっています。

新作やイベント、POPUP出店など最新情報はこちらから

\公式オンラインショップにて、セミオーダー会開催中!/