ファクトリーショップリニューアルへの道

 

こんにちは、ミシン担当の野村です。

2020年、おかげさまでトリプルオゥはブランド誕生10周年を迎える事が出来ました。

その記念イベントの一環として

工房内に併設しているファクトリーショップをリニューアルすることとなりました。

今回は最初に私達がリニューアルに至った思いと、昨年の11月に行われたワークショップのようすをレポートしていきたいと思います!

また、コラムの最後にてファクトリーショップ店長の須藤によるブログ「店長日記」も掲載しております。こちらも合わせてチェックしてみてください。

ファクトリーショップリニューアルにふみきったわけ

買い物から体験の場へ

 

まだ000の商品を販売しているショップがほとんどなく、「どこで買えますか?」 「直接工房で買えますか?」などの問い合わせが多くなったことをきっかけに細々と始めたファクトリーショップ。

 

このショップの特長は、普段は工房でアクセサリーを制作している職人やデザイナーがショップに立ち、お客様に直接商品をご案内できることです。

制作秘話や、こだわりぬいた素材についてなど作り手だからこそお伝えできる話があります。ここでしか出来ない会話をみなさんに楽しんでもらいたいと考えました。。

 

今年はブランドをスタートして10年の節目となります。

お客様との交流の場として、ファクトリーショップを、販売だけでなく、ものづくりを見学&体験できる場へと生まれ変わらせ、000らしいショップを目指します。

 

現在、開催時期は未定ですが、ものづくりワークショップを計画中です。

すぐ横にあるノコギリ屋根の工房見学や、永く使ってもらえるように洗い方の講座を開いたり、様々な企画を考えています。

この場に集い、ものを作る楽しさを体験して頂きたいからです。

 

ファクトリーショップの今

 

群馬県桐生市にある刺繍工場に併設された現在のショップは約7年前にオープンしました。

オープン当初は認知度も低くお客様が一人もいらっしゃらない日もありました。

その後トリプルオゥの成長と共に段々とお客様も増え、今では遠方からわざわざファクトリーショップを目指して来て下さる方もいらっしゃいます。

 

2020年1月時点のファクトリーショップの様子。



ショップは元々事務所として使用していた建物をセルフリノベーションしました。

棚や什器はトリプルオゥのスタッフで木を切って手作りしたものもあり思入れが深いです。

誰にお願いしようか?

 

新しいファクトリーショップの設計を担当して下さるのは、桐生市で活躍する飯山千里建設設計事務所の飯山千里さん。

笠盛では2017年に創業140周年を記念して行った「笠盛のしごと展」の会場構成でお世話になりました。

 

トリプルオゥデザイナーの片倉と飯山千里さん、藤本常雄さん夫妻



片倉とはデザインユニットsmallとして活動しておりとても親交が深いです。

smallは桐生を拠点に、暮らしとまちを繋げるための小さな活動を企画・運営するグループで、市内の宿坊のインテリアプロデュースや大川美術館でのワークショップなどを手掛けてきました。

いよいよ動き出したショップのリニューアル

 

昨年の11月半ば、ファクトリーショップにて飯山さん藤本さん夫妻をお招きしリニューアルに向けたワークショップを行いました。

ショップのスケールモデルを用いて説明する飯山さん

 

今まで片倉とのやりとりが中心だったリニューアルに向けての会議。

スケールモデルを実際にみてショップの全景がわかると一気に現実味を帯びてきました!

試行錯誤を重ねて

内装の他、商品を飾る什器にもチームの意見を取り入れこだわります。どうすればアクセサリーをより魅力的に見せれるか、試行錯誤中。

写真左から 建築士の飯山さん、デザイナーの片倉、営業の新井、ファクトリーショップ店長須藤、笠盛桜井社長

 

「ここどうしようか?」「ここが3cm下だとお客さんが見やすいかも!?」「いいね~」「白かグレーか....、悩むね...。」

什器に見立てたボードにアクセサリーを配置してみるとさまざまな意見が出てきました。

 

今までは靴を履き替える必要があった店内も外履で入れるように。

さらに、足の不自由な方もストレスなく入店出来るようなバリアフリーの機能などアイデアは尽きません。

只今絶賛進行中

完成はもう少し先の話になりそうですが、現在も企画は進行中です。

さまざまな想いのこもった素敵なお店ができる予感がし、今から待ち遠しいです♪

 

現在ファクトリーショップは臨時休業しておりますが

この新型コロナウイルスの流行が終息し、日常が戻ってきたとき

 

生まれ変わったファクトリーショップとともに皆様のご来店をお出迎えできるように

前に進んで参りたいと思います!

 

______________________________________

店長日記

ファクトリーショップのリニューアルに伴い、トリプルオゥの生産管理兼ファクトリーショップ店長である須藤が自身の経験にもとづいたお店づくりや子育てと仕事の両立についてを発信するブログをスタートいたします。

その名も「店長日記」。

不定期で更新していきたいと思うのでぜひご覧ください!

 

みなさんこんにちは。

 

トリプルオゥのファクトリーショップ店長のストウと申します。

 

漢字で書くとスドウさんと呼ばれる事が多いので、カタカナ表記にしてみました。

 

実は私、原宿生まれ原宿育ちの都会っ子だったんですが、群馬にお嫁に来てなんと早20数年。娘2人も大学2年生と高校3年生!

 

なんかすっかり大人になっちゃって、ちょっとさみしいです。

 

文化服装学院を卒業後、結婚するまでは今も人気の某レディースブランドの販売員をやっておりました。(実は一号店の店長!?)

 

そして子供たちが小さい頃は家で細々と雑貨屋を営んでおりました。

 

そんな私が笠盛に入社したのは5年前、40代前半の頃です。

 

最初の2年は刺繍のミシンを担当していましたが、その後トリプルオゥの生産管理になり、

現在は出荷業務やファクトリーショップの店長もやらせてもらっています。

 

先日ファクトリーショップの店長ブログをやってみましょうという話が持ち上がり、何を書こうか迷いましたが、まずは自己紹介からと思いました。

 

あまり書くことが得意ではない私ですが、

また時々何かを書いたり、お知らせしていこうと思っていますので、こちらものぞいてみて下さい。

では、今後ともよろしくお願いいたします。