こんにちは!トリプル・オゥのノムラです。

トリプル・オゥのアクセサリーは「軽い」「洗える」「金属アレルギーにも安心」と、糸ならでは特徴を活かしたプロダクトが魅力です。しかし、素材が糸だからこそ、壊れないか心配というお声も…

そこで、トリプル・オゥでは万が一壊れてしまっても修理出来るサービスを行っております。

皆様に安心してご購入頂けるように、今回は代表的な修理例や修理の依頼の仕方などをご紹介していきたいと思います。

 

私たちが修理サービスをする理由

現代は良いモノが安く簡単に手に入るようになりました。そのため、モノによっては修理をするより買い換えるほうが早いこともあるかもしれません。

一方で「モノを大切にする」「愛着がわくモノを持つ」ことが希薄になっているようにも感じます。

せめて私たちの作ったアクセサリーが、少しでも長く身に着けてもらえるように、心を込めて修理させて頂きます。

 

まかせて安心!職人が一つ一つ手作業でお直しします

修理を承るのは普段仕上げを担当するスタッフ。

仕上げ部門は、トリプル・オゥの品質を保つ要(かなめ)でもあります。

届いた修理のアクセサリーは、職人が状態をみて一番ベストな修理方法を決めます。

その後、修理方法をお客様にメールでお伝えし、確認頂いてから修理に取り掛かるので安心です。



よくお問い合わせのある修理事例

それでは代表的な3つの修理事例を見ていきたいと思います。

チェーンの糸切れ

糸玉と糸玉の間を通る糸を、トリプル・オゥではチェーンと呼んでいます。この部分が切れてしまった場合のお直し方法です。

ラメの小粒が細くて繊細なマイクロスフィアは、着けている時に引っかけて切れてしまったということが多いようす。(写真は一番長い260㎝のマイクロスフィア)

チェーンの部分が引き切れてしまっていますね。この場合は手で縫いつなげていきます。

最初に糸がほつれないように処理をするので、糸玉が一粒分無くなることも…その際にはお客さまの了承を得てから作業をします。

糸には流れがあるので、これ以上ほつれていかないようにしっかりと留め、切れた部分を目立たないように同じ糸でつなげていきます。

どのように縫われているのかを考えながら、つなぎ目が目立たないように縫いつなげます。

つなぎ目が弱くならないように、しっかり何回も縫っていくので、強度もばっちりです!

完成!

スフィア・プラスや他のネックレスの糸切れも同じような修理方法でお直します。

 

糸玉がほつれてしまった

糸玉の表面の糸が擦り切れてほつれてきてしまった例です。

この場合はそれ以上ほつれないように、出ている糸を引き込みます。その後糸で縫い留めてしっかり固定させていきます。

完成!

 

糸玉が極端に小さくなってしまった場合

めったにないケースですが、ほつれがひどく、糸玉の大きさが変わってしまった場合は、B級品の中から同じ商品のパーツを探してきて縫いつなげます。

小さくなってしまった糸玉をカットし、綺麗な形の糸玉を縫いつなげます。その他に、チェーンは残してミシンで糸玉を縫い付ける方法など、玉の大きさや故障の具合をみて修理方法を変えます。

このようにパッと見ただけでは修理箇所が分からないようにを心がけて直します。

完成!



金具が取れてしまった

留め具の金具の不具合にも対応します。金具を踏んでしまったり、つぶして変形してしまった、金具が取れてしまったなど、金具の交換にも対応いたします。

金具の別途料金はかからず、お直し代のみで交換を承ります。

 

またピアスからイヤリングに金具の交換も承っております。

ただし、スフィアプラスピアス/イヤリングのみ、金具の交換が出来ない仕様となっておりますのでご了承ください。

(左がピアス、右がイヤリング)



お気軽にご相談ください!

修理には改良の大きなヒントが隠されていることが多いんです。

着用試験はしているものの、実生活の中で使ってみると私たちの想像しなかった不具合がでてくることも…お客様から戻ってきた修理のアクセサリーをみて気づくことがたくさんあります。

例えば、金具の取れやすい問題を丸カンを太く変えたり。

チェーンの糸が切れてしまうことが多ければ、見た目の変わらない程度にチェーンの強度を上げたりと、一回商品としてリリースしたら終わりではなく、日々改良をしております。

お客様の声や修理の品は、より良いものをつくる上でとっても大切。気になることがありましたら、ぜひご相談ください!

 

お問い合わせはこちら

修理依頼はこちら

 

修理に出す時の疑問

修理に出したいけどどうすればいいの?

HPの修理サービスページ(トップページ→products→修理サービス)よりご注文ください。

▼修理サービスページはこちら

https://www.000-triple.com/ja/repair/repair-service.html

 

ご注文後、注文確定メールが届きしだい、商品を指定の場所にお送り頂きます。(修理の際の送料はお客様にご負担頂いております)



送るときはどのように送ればいいの?

どのような形でも大丈夫ですが、修理に出したいアクセサリーを封筒に入れて、郵便で送られる方が多いです。(写真はイメージ)配送中の破損が気になる方は緩衝材などに包んでお送り下さい。

アクセサリーのみでも大丈夫ですが、よりご希望にそえるように、修理箇所のメモを入れて頂くとわかりやすいです。

修理が完了しましたら、箱に入れてヤマト運輸でお送りいたします。

 

金額は?

アクセサリー1点に付き¥550頂戴いたします。(1つのアクセサリーに修理箇所が2つ以上ある場合も1点となります)別途送料がかかります。

時間は?

修理品が到着後、約10日程度お時間いただきます。

なお、修理内容によって多少時間がかかる場合があります。

その際はご連絡させていただきます。

なんでもなおせるの?

トリプル・オゥのアクセサリーであればどのような修理も承ります。ただし、状態によっては直せない場合もあり、その際はご連絡をいたします。

また、シルク・フェイスマスクの修理は承っておりませんのでご了承ください。



長く愛用して頂くためのワンポイント

お洋服と一緒で、アクセサリーも日々のケアをすることで長く愛用頂けます。

トリプル・オゥのアクセサリーに限らず、日常で身に着けるものには、目に見えない皮脂やほこりがついています。そのため、身に着けたらぜひおうちでお洗濯をしてください。

手洗いが出来るトリプル・オゥのアクセサリーなら、いつでも清潔で綺麗な状態を保つことが出来ます。

アクセサリーのお手入れ方法はこちら

 

終わりに

このように、トリプル・オゥのアクセサリーは、ずっと使い続けられるように、アフターサービスの充実に取り組んでいます。職人に直に相談できるのは、ファクトリーブランドだから出来ること。

修理でやってくるアクセサリーは、直して長く愛用したいという使い手の気持ちが込められていると思っています。その想いに応えるため、これからも一つ一つ丁寧に向き合っていきます。